So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

食事が選べる!!

7月6日火曜日に入院手術をし、10日土曜日の朝からようやくご飯が食べられるようになりました。

土曜の朝は、重湯・・・
お昼は、5分粥・・・
夜は全粥・・・

で、日曜日はご飯は全粥だけど、おかずは普通食という感じ。

ここで過去2回の入院と違うのは、ご飯の選択肢ができたこと。

普通食以外に、プラス50円で別のメニューを選ぶことができる!!

たとえば、朝ごはん・・・
普通食は和食だけど、特別食はパン食とか。

朝はどちらかと言えば、パンのほうが好きなので、月曜日の朝ごはんにパンを選んでみました。

それが、こちら

935655_327571161_133small.jpg

日曜日に翌週の食事の選択をして、提出するんだけど、1週間分の選択をしたけど、結局水曜日に退院したので、特別食は2回しか食べなかったけどね。

でも、選べるのはいいねぇ~

やっぱり・・・だめ・・・

ちょっと(かなり?)間が開いてしまいましたね・・・

だめなのは、点滴・・・

今回も、入院開始と同時に点滴のみの生活だったのですが、
身体が弱っている上に、ご飯を食べて居ないから、血管が見えない状態らしく、なかなか入れられる場所を探し出せない。

なんとか見つけた場所で1本目は、大丈夫でも、点滴を変えた後、
液が落ちないとか、落ちても腫れてくるとか・・・

もうね、点滴入れたくない・・・

935655_103777839_125large.jpg

こんな、青タンがいっぱいできてしまいました。

最終的には、まだ点滴のほうがいい状態だったけど、点滴したくないからと、食事を開始してもらいました。

とはいえ、何日も食べていない状態なので、やっぱり最初は重湯からだけど・・・

つづく

起き上がるのも、一苦労・・・

回の入院のときは、傷が小さかったからか、起き上がる動作はあまり苦にはならなかったけど、今回は、一苦労(;^_^A

腹筋が使えないから、電動ベッドの頭部分を持ち上げてから、左右の柵につかまって、ヨイショッって覚悟を決めて起き上がらないと、痛くて起き上がれない。

起き上がっても、ベッドから立ち上がるもの、傷側の足を地面に下ろすのにまた手間が掛かる・・・

歩くにしても、傷に響くから、前かがみの姿勢で、点滴台を杖代わりにゆっくり・ゆっくりとしか歩けない・・・

身体に入れられた管も、今回はなかなか抜いてもらえません。

回診のときも、担当のN先生以外の人が来ると、
『あれ?まだドレーン抜いてないの?』と、聞かれるほど・・・

抜かれない理由は、お腹を開けたときの状態があまりにもひどかったからだそうな。

つづく

お腹を開けたら・・・

麻酔から覚めたところで、先生に「結局どうなったの?」と聞くと・・・

虫垂に穴が開いていて、中身が全部出ていたそう。
(中身=うん○ほか)
で、お腹の中を5リットルの水で洗浄されたそうな。

大腸がんのときの手術痕が殆ど消えたのに、新たな傷が・・・

今度は人差し指くらいの長さの傷、6針縫われていました。


お腹には管が入っていて、背中には麻酔の後の痛み・・・

麻酔の影響か、咳とタンが出るのだが、これがまた傷に響く!!

熱も、9度は超えないものの8度台後半・・・・

呼吸も吐く力はあるんだけど、吸う力がないからか、なんだか過呼吸のような感じだったもんだから、酸素吸入を続けるような状態でした。


まえの手術のときもそうだったけど、翌日には歩けと言われるんだよね。
でも、やっぱり起き上がるのもやっとの状態・・・

それでも、どうにかベッド脇に座って、立ち上がるところまではやってみた。

その次の日には、補助具を使って、どうにかトイレに行けるようになっていました。

トイレに行けるようになったら、尿管に入れられていた管がはずされた。

でも、お腹の管はまだ入ったままです。

つづく

手術です。

準備も整い、手術室へ移動です。

病室のベッドのまま移動し、手術室で別のストレッチーに移動。
手術室へ入ってから、手術台へ移動・・・なのですが、
痛みで動くのも一苦労な状態だったので、手術台へはせーので移動させられました。

今回の手術は腰椎麻酔・・・前回のように全身麻酔ではないので、手術の様子を聞きながらという状態です。

顔の前にカーテンのように目隠しがされるので、先生達がどんな動きをしているかはわかりませんが。

それより何より、麻酔されているのに、何故か触られているところが痛くて、ひたすら痛いと訴えていたことしか覚えてないけど。

最初のうちは意識があったのものの、途中からは意識が飛んでいて、気がついたら、部屋に戻ったときでした。

1時間半くらいの手術だったようです。

つづく

点滴で痛みは和らいだ・・・けど・・・

閉塞ということで、絶食確定。
でもって、点滴の生活がスタートです。

前回の閉塞のとき同様、24時間の点滴・・・
それ以外に、痛み止めを含んだ抗生物質も点滴。

これのお陰か、少しだけ痛みが和らいだ。

お昼過ぎ、CTを撮るように言われ、車椅子で移動。
この頃には痛み止めが効いたのか、だいぶ楽にはなっていた。

CTを撮り終えて、部屋に戻りまた横になった。

夜8時近くになって、おかんとおとんが様子を見に来てくれた。





そのあたりから・・・・




だんだん寒くなってきて、がたがたと震えだした。
布団を1枚追加してもらったものの、震えは止まらず、寒さも増してきた。
それに加えて、痛み止めで収まっていた痛みがぶり返してきた。

と、そこへ先生が登場。

CTの結果、バリウムが入り込んだ虫垂が腫れているそうだ。
お腹を触診した結果、手術することになった。

ただ、ほかに緊急手術なんかが入っていて、スタッフが足らないとのことで、呼び出しているので、しばらく待って欲しいとのこと。

その間に、おとんと、おかんが来ていたので、手術の説明や承諾書はサインしてくれ、みーちゃんに連絡もしてもらった。

熱を測ると、39度を越していた。
がたがたと震える中、看護師さんの手によって、手術着に着替えさせられ、尿管に管を入れられ、手術の準備がされていった。

つづく

やっぱり閉塞してるじゃん・・・ってことで入院

診察室に呼ばれた頃には、レントゲンも先生の手元へ・・・

月曜の明け方に撮ったときには、閉塞と言えるほどではなかったものの、今撮ってきたレントゲンでは、研修医でもわかる閉塞だそうで・・・

入院だね。』

だそうな。

ただ、6月末に受けたCTを見つつ、
『最近、バリウム飲んだ?』と聞かれ、4月末の健康診断時に飲んだことを伝えると・・・

虫垂にバリウムがたまっているそうな。

『もしかしたら、虫垂炎を起こしているかも・・・?』

何はともあれ、入院確定です。

でも、外科病棟に空きがないとのことで、準備できるまで待機。

この頃には、普通に座っているのもしんどい状態になっていたので、開いている診察室で横にならせてもらうことに。

しばらく待っていると、病室の準備ができたとのことで、移動。

自力で歩くのは無理なので、車椅子での移動となりました。

着いた病棟は・・・産科でした。

とはいえ、4人部屋に一人しか入室されておらず、その方も婦人科系の入院だったので、実際に妊婦さんと一緒だったわけではありませんが。

私は痛みと熱でフラフラ状態だったので、入院の諸手続きはすべてみーちゃんにお願いしました。

つづく

熱も上がったし・・・再び病院へ・・・

わき腹の痛みは徐々に増していった。

水曜日には、6月末に受けた定期検査の結果を聞きに行く予約が入っているので、それまで我慢しようと、寝ていることに・・・

でも、痛みも増してきたし、熱を測ってみると8度・・・

明日まで我慢している場合ではなさそう。

休みを取っていたみーちゃんに、病院へ連れて行ってもらうことに。



予約がないので、9時半についていたけど、予約が取れたのは
11時・・・
待っている間に、レントゲンを撮ってくる。


再びここで熱を測ると、8度6分まで上がっていた・・・

痛みに耐えながら待っていると、ようやく予約番号が呼ばれ、
待合室へ・・・

つづく

痛みが移動・・・

月曜日、みぞおちの痛みは腹部右側へと移動していました。

吐き気は点滴のお陰か、おさまったものの、右腹部の痛みは徐々に増してきています。

寝ていると、めい君がじゃれてくるんだけど、あのちっちゃい前足を、ちょっと乗せられただけでも、痛くなる感じ・・・

お薬をもらっていたので、飲むためには空腹ではだめ・・・
なので、みーちゃんに蒸しパンを買ってきてもらったものの、痛みと吐き気で一口食べるのがやっと。

どうにか薬を飲んだものの、痛み止めは効く気配なし・・・

と、この時点ではまだどうにか我慢のできる程度の痛みでした。

翌日、火曜日になると熱も出ていた。

一応、腸炎だろうということで、月曜日お休みしたものの、痛みも熱もあるので、火曜日もお休みすることに。

つづく

久々ですが・・・また入院です(;^_^A

さて、今回の入院・・・
ことの始まりは日曜の夜・・・

夕方から買い物へ出かけた頃から、みぞおち辺りがなんだか痛くなっていた。
胃痛・・・っていう感じかな?

そのまま夕飯をすき家で食べて・・・って、この時点で痛みというか、違和感が強くなってきて、頼んだ『チーズ牛丼ミニ』を三分の一くらいしか食べられなかった。

家に戻り、買ったものを片付けてから、ちょっと横になっていた。

徐々に吐き気が・・・

みぞおちも痛みと言うより、違和感が強くなってきた。


とりあえず、手持ちの薬を飲んで様子を見てみることに。


夜中を過ぎる頃、吐くものもなくなり、吐き気もピーク・・・
違和感もピークになってきたところ、みーちゃんが気づいてくれて、
救急車を呼ぶかどうかになったけど、いくらサイレンを鳴らさないで着てもらっても、マンションじゃどうしても廻りに迷惑が掛かる。

ということで、いつもの病院夜間診療に電話して、車で連れて行ってもらうことに。

病院に着いてからは、問診・レントゲン・採血・・・

このみぞおちの痛みと言うか、違和感・・・
去年の腸閉塞のときに似ている・・・

で、診断の結果は、閉塞はしていないとのこと。
腸炎だろうということで、吐き気止めの点滴をしてもらい、
家に帰ることに。

家を出たのが、2時過ぎ、病院を出たのが4時半を廻っていました。

吐き気は一応おさまったものの、違和感というか痛みはまだ残っていたので、月曜日はお休みすることに・・・


つづく
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。